人気ブログランキング | 話題のタグを見る

海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より

海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より


海上自衛隊幹部候補生学校 着校直後の増田真知宇 先生。
海上自衛隊幹部候補生学校(幹候校・江田島)の学生館4階での写真。
足元にはクロネコヤマトの宅急便の荷物が置かれ、まだ帽章を付けていない。
かなり勇み足で着たもの。敬礼の手の角度はのちに矯正される。
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13172390.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校 着校直後の増田真知宇 先生。
海上自衛隊幹部候補生学校(幹候校・江田島)の学生館4階での写真。
足元にはクロネコヤマトの宅急便の荷物が置かれ、着校直後を物語る。
まだ帽章を付けていない。
かなり勇み足で着たもの。
制服の腕の部分に有る一本の金色の線が「海上自衛隊幹部候補生」の印。
敬礼の手の角度はのちに矯正される。
(海上自衛隊は旧海軍時代から、敬礼の角度が、陸上自衛隊(陸軍)・航空自衛隊・警察・消防とは違います


海上自衛隊幹部候補生学校 案内・増田真知宇 先生の 江田島 ページより転載
http://matiumasuda.web.fc2.com/etajima.html
海上自衛隊幹部候補生学校 案内・増田真知宇 先生の 江田島 ページより転載
https://geolog.mydns.jp/1st.geocities.jp/jieitaikanbu/
増田真知宇 (ますだまちう)先生 公式ウェブサイト(連絡先 携帯番号・メールアドレス有り)
https://matiu.web.fc2.com/
真知宇 先生 ライン(Line)友達申請&連絡しよう!
https://linevoom.line.me/user/_dUN8LIek8BlRZsK5_uNjAedlEiVAoMysI6Ka7Uo
増田真知宇 (ますだまちう)先生 公式ツイッター(フォロワーになろう!連絡先 携帯番号&メアド有!いいね しよう!リツイートしよう!)
https://twitter.com/machiumasuda
増田真知宇 先生 公式フェイスブック(フォローしよう!)
https://www.facebook.com/machiu.masuda
増田真知宇 先生 公式インスタグラム(フォロワーになろう!「いいね」しよう!)
https://www.instagram.com/machiumasuda/
元 同志社高校写真部部長 増田真知宇 様の写真館
http://matiumasuda.web.fc2.com/index.html

増田真知宇 政策研究会ボランティア募集中
増田真知宇 政策研究会 寄付募集中
https://machiu.is-mine.net/contribution.html




ようやく届いた帽章を付けた状態での海上自衛隊幹部候補生の制帽。学生館4階の丸テーブルにて撮影
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13233646.jpg
ようやく届いた帽章を付けた状態での海上自衛隊幹部候補生の制帽。学生館4階の丸テーブルにて撮影

真知宇 先生の無料相談ページ★無料メール相談★無料電話相談
https://machiu.is-mine.net/consulting.htm
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ウェブサイト(連絡先 携帯番号・メールアドレス有り)
https://matiu.web.fc2.com/
真知宇 先生 ライン(Line)友達申請&連絡しよう!
https://linevoom.line.me/user/_dUN8LIek8BlRZsK5_uNjAedlEiVAoMysI6Ka7Uo
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ツイッター(フォロワーになろう!連絡先 携帯番号&メアド有!いいね しよう!リツイートしよう!)
https://twitter.com/machiumasuda
増田真知宇 先生を応援するツイッター
増田真知宇 先生 公式フェイスブック(フォローしよう!)
https://www.facebook.com/machiu.masuda
増田真知宇 先生 公式インスタグラム(フォロワーになろう!「いいね」しよう!)
https://www.instagram.com/machiumasuda/
増田真知宇 先生を応援するインスタグラム
https://www.instagram.com/masudamatiu/
同志社高校写真部部長 増田真知宇 様の写真館
http://matiumasuda.web.fc2.com/index.html
増田真知宇政策研究会 寄付募集中
https://kifubosyu.exblog.jp/28560912/
増田真知宇 先生への記事閲覧・写真など報酬振込先
https://journalistmachiu.exblog.jp/32787713/
フリーカメラマン 元 同志社高等学校写真部部長 増田真知宇 先生の報酬振込先
https://procameraman.exblog.jp/32824776/
増田真知宇政策研究会 寄附募集中(1口5万円~年間30口まで)
増田真知宇 政策研究会ボランティア募集中
https://machiu.is-mine.net/volunteer2013.html
社長・経営者・人事部に朗報 増田真知宇 先生 転職先募集中
https://tenshoku2023.exblog.jp/32056350/



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13294676.jpg
明治21年(1888年)創建、旧 海軍兵学校(俗に言う海軍士官学校)、
現在の海上自衛隊幹部候補生学校。
江田島は、米海軍学校アナポリスや英海軍学校ダートマスと並ぶ
世界三大海軍学校の一つです。
写真は、通称「赤レンガ」と呼ばれる海上自衛隊幹部候補生学校の建物。
この赤レンガはイギリスで焼かれた最高級のものを一枚一枚輸入したものと言われています。
赤レンガ一枚の値段は当時の大工さんの日当と同額だったとか。
建物真ん中の上には金の錨のマークが付いています。戦前は菊の御紋が
付いており、敗戦で連合軍に接収されていた時期は時計が付けられました。
占領が終わって日本に戻った後は今のマークになったそうです。
中央の2階は校長先生の部屋です。学生は2階への階段や
一階の真ん中の通路を通れない規則で、回り道をしなければなりません。
窓ガラスの多くも明治時代のまま(まれに割れたものを入れ直した所もありますが)
で、歪んで見えるものもあります。
中央入り口の床板(木)は、初代戦艦「金剛」の甲板を退役時に移転したもので、
雨風が吹いても朽ちることはありません。

海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14452733.jpg
赤レンガの建物の裏側と中庭


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13320529.jpg
幹部候補生の朝は大変です。朝06時00分(冬季は06時30分)に「総員起こし」の放送で飛び起き、

「お早うございます」と同室の者に挨拶し、
ベッドメイクをして、服を着、靴下&靴を履き、カーテンを開け、窓を開け、電気を付け、
4階の部屋からグランドへ駆け下りてくるのに約2~3分。
4分もかかろうものなら「遅い!」と叱られます。
写真は1階ドアを出て階段を駆け下りている幹部候補生ら。

ならば、早めに起きといて先に準備(服を着たり、靴下を履いたり)しといたら
良いじゃないかと思うのが人情ですが、それは禁止ですし、
廊下では幹事付A(かんじつきアルファ・赤鬼)や幹事付B(かんじつきベータ・青鬼)と呼ばれる教官が見回っていますので、
ベッドの中でゴソゴソと靴下を履いていても見付かってしまいます。
教官も数年前は幹部候補生だったんですから、学生がやろうとすることはだいたいお見通しです。

5分前の05時55分に「総員起こし、5分前」と放送がかかります。
まだこの時点では動き出してはダメです。6時に「起床ラッパ」が鳴りますが
このラッパが鳴っている間も動き出してはダメ。ベッドの中でじっとしています。
ラッパが鳴り終わり「総員起こし」と放送されて ようやく飛び起きます。

まあ、緊急事態に非番で休んでいた時でも飛び起きるための訓練らしいです。

(あるいは敵の航空機がマッハで艦に近づいて来た時などの対空戦闘の配置などなど)

こういうことをしておくと、寝る前に服をどういう状態にして置いとけばいいのか
(人によってはボタンを付けたままに置いといたりする)が分かったりします。





海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13393515.jpg
ケガをすると危ないので階段を降りる時は2段飛びで降りるのは禁止。

グランドに出てからは全力疾走(←規則)して隊ごとに決められた場所へ行き点呼、
揃ったところで上半身裸(女子幹部候補生は上着を着ていても良い)になって海上自衛隊体操開始です。
それが終わって、朝の甲板掃除、朝食など。

(海上自衛隊では「床掃除」その他の掃除の事も「甲板掃除」と呼びます)

案内してくれた某二等海佐(2佐)は、幹部候補生時代、一応 起き出したものの
寒くて体操したくなかったので、降りてくる途中で一階のトイレに駆け込み
トイレのボックスの中で隠れてサボっていたことがあったそうです。
3回目で隠れていた所を教官に見つかりこっぴどく叱られたとか。
8時の定時点検、課業整列まで少し時間があります。




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13435761.jpg

これが海上自衛隊幹部候補生学校 学生館4階の寝室。

4人部屋ですが、横の扉で隣室と繋がってるので8人部屋でしょうか。

手前が悲劇に舞台となるベッド。ちゃんとベッドメイクしてないと教官に

布団を飛ばされたり、毛布を窓の外に投げられたり、

場合によってはベッドを解体されたりします。

写真では まだシーツは張られていませんが、

コインを落としてもシーツで跳ね返るくらいにベッドメイクをします。

まず毛布を敷いてベッドの下へもぐりこんで引っ張って張り、

(この毛布をまずしっかり張らないと、上のシーツも張りません)

上からシーツを張ります。シワ一つあってもいけないので

霧吹きやアイロンで綺麗にしときます。


ロッカーの中の各種の服にも、置き方や順番が決まっています。

廊下側の靴箱でも、靴の置き方が決まっています。

その順序や置き方・整理整頓が守られていないと、教官にロッカーから服を出されたりして叱られます。

(まあ護衛艦や潜水艦が、一部区画 電源喪失や全電源喪失になって復旧作業を急がないといけない時でも、真っ暗な中「どこに何が有るか」把握しておかなくれは ならないのです)


ロッカーの上には風呂に行く時の桶があります。

風呂に行く時は、ジャージ着て、入浴用品をあの桶のみ入れて左脇にかかえて持って行くんですが、

それらの物品があの桶を横から水平に見て上にはみ出さない量で

持って行くのが規則です。したがって、量は出来るだけ少なくしなくてはならず、

シャンプー等はわざわざ小さい容器に移し替えたり、着替えの下着も持って行けなので、

部屋に戻ってきてからわざわざ着替えたりするのでした




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13505735.jpg

朝08時00分前の定時点検。

容儀点検(服装チェック)があり「何だこの服は、シワがあるじゃないか」

「ホコリが付いとるぞ」「靴は磨いたのか」「ヒゲは剃ったのか」

と言った感じです。

また分隊ごとに輪になってスピーチ(演説)があり、

幹部候補生らが日替わりで数分間のスピーチを行い、

またそのスピーチに対して他の候補生が意見や感想を言います。

学生生活後半になると英語でスピーチし、感想も英語でする事になります。




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13524067.jpg
海上自衛隊では「5分前の精神」というのがあって

何でも5分前に用意しとかなければなりません。

手を後ろに組んで「休め」の状態(といっても休めないが)で待機


国旗掲揚前になると「国旗 揚げ方(あげかた) 5分前」と放送がなります。

8時にはラッパがなって向こうのポールに国旗掲揚。

ここから課業開始であり、自衛官は「個人」から「隊」として行動します。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13552845.jpg
その後 課業整列。

ラッパの音にあわせて行進してその日の授業へ向かいます。

隊の前列右端(写真だとこちらからみて左端の人)が「分隊、前へー!」と言い

「進めっ!」の号令で、左足から歩き出します。手はグー(握ったまま)。

左手に持っているのは、教材の入った黒カバン。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13561473.jpg

隊列の右端の人が「分隊、左へー!」と言い

「進めっ!」の号令で左へ曲がります。

左側で立って見ているのは校長等。

行進をチェックしていて、「胸 張れー!」「横ー!」などと声を上げます。




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13572932.jpg
曲がって課業(授業)へと向かう幹部候補生。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_13581677.jpg

岸壁に並んだ短艇(カッター)です。「第○分隊、短艇用意!」などと放送がかかると

その呼ばれた隊の学生は何をしていても それを放り出してここまで走って来て

艇を下ろし乗り込んで漕ぎ出し数百メートル沖にあるポールを回って

帰って来て、また艇を引き上げ元通りにしておく、そしてその時間を競います。

船が撃沈等で沈む時に短艇に乗り込む訓練や、内火艇を素早く出すための訓練です。

また、年に一度、各隊ごとの短艇の競争があります。

第1分隊~第6分隊まで、どの隊の艇が

勝つのかは、密かに江田島の学校前の飲み屋のオヤジたちの賭けの対象になるくらいです。


ちなみに江田島53期は、増田真知宇 先生が配属されていた第2分隊が、国立大卒などエリート集団の『花の第1分隊』を差し置いて短艇競技で優勝しました!
「優勝した分隊は分隊長を海に投げ入れても良い」という明治時代からの伝統が有り(と言うか伝統行事なので投げ入れましょう)、第2分隊長 山口1等海尉は 第2分隊生らに万歳連呼の中で胴上げされた後、そのまま この岸壁から海に投げ込まれました。


短艇訓練で漕ぐと、猛訓練のせいなのか漕ぎ方が下手なせいなのか

尾てい骨辺りの尻の皮が擦り剥けて苦しむことがあります。痛いことはもちろん(特に入浴時)

ベッドに血が付いたせいで、台風が来る(教官に布団を飛ばされる)こともあります(江田島名物の江田島台風)。

それを防ぐために中に海水パンツを着込んだり、場合によっては

ナプキンをお尻の下にひいたりします。

けどナプキンをWAVE(婦人自衛官)にもらったり売店で買うのは少し恥ずかしい。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14044990.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校 学生館3階にある自習室。ここで夜21時50分まで勉強。
22時消灯なんですが、事前に延灯申請すれば(延灯申請書を書いて、1階 教官室前の箱に提出しておけば)23時30分まで延灯して勉強できます。
(それでも課題や勉強が間に合わないと、深夜に廊下の緑色の非常灯の下で勉強する事も しばしばです。「蛍の光」で勉強した車胤や「雪明かり」で勉強した孫康ら、蛍雪の功もビックリです)

就寝するため4階の寝室に向かう前に、
ここで海軍伝統の五省(ごせい)を唱え、今日一日を振り返ります。

一 至誠に悖(もと)る なかりしか

一 言行に恥ずる なかりしか

一 気力に欠くる なかりしか

一 努力に憾(うら)み なかりしか

一 無精に亘(わた)る なかりしか

日露戦争でバルチック艦隊を打ち破った東郷平八郎 提督の遺訓です。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14103751.jpg
自衛官に任官するにあったての宣誓書です

----------------------------------------

  宣  誓

私は、わが国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、

日本国憲法及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、

常に徳操を養い、人格を尊重し、心身をきたえ、技能をみがき、

政治的活動に関与せず、強い責任感をもって専心職務の遂行にあたり、

事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、

もって国民の負託にこたえることを誓います。

平成  年  月  日

   氏名            印

----------------------------------------


・・・余談ですが、文言は暗記しといた方が良いかも知れません。

幹部候補生の任命直後に、教官らから「宣誓書の内容を言ってみろ」「内容も読まずに署名捺印したのか?」なとど突っ込みを入れられる場合が有ります。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14470065.jpg

大正時代に立てられた大講堂。

ここで任命式や卒業式等を行われます。




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14164184.jpg
江田島の岸壁に係留されている練習艇。船に乗る訓練をするための、小型艇です。
江田内(えたうち・江田島湾)沖に停泊している護衛艦も見えます。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14181135.jpg
潜水訓練の施設(5階建て)海上自衛隊幹部候補生学校(江田島)にて


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14215509.jpg
潜水訓練の施設の内部(5階建ての5階部分)




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14230413.jpg
水圧に馴れさせるための加圧室、減圧室。

沈んだ艦から人を救助したりするための訓練施設です。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14235524.jpg

貸与されていた64(ろくよん)式小銃の点検です。

銃の手入れが行き届いていなかったりホコリが付いていると叱られます。


64式小銃
https://ja.wikipedia.org/wiki/64式7.62mm小銃
ジャングルの中などでも、一切の工具を使わず、素手だけで、分解→手入れ(クリーニング)→再度 組み立てが可能です。

陸上自衛隊さんでは最新式の89式小銃を使用しており、
空自・海自の64式小銃は、陸自さんからの お下がり なのですが、陸上自衛官さんらは丁寧に使用していたので問題ありません。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14270753.jpg
学生館1階ロビーにある「桜花爛漫」の書

風に吹かれ 雪に舞い 海に散り 波に漂う 櫻花爛漫、燃えたつ魂と さくら花を抱いた愛しき人よ いつか会いまみえん この天地にて



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14292021.jpg
第1グランドです。向こうに戦艦陸奥の主砲が見えます。
左隣の建物と比べても、如何に巨大な主砲だったかが解ります。
良くも悪くも「大鑑巨砲主義」時代のものです。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14310588.jpg

左は柱島(はしらじま)付近の海底に沈んだ戦艦陸奥の主砲。

右は高角砲(高射砲)。陸軍では対空砲を「高射砲」と呼びましたが、海軍は「高角砲」と呼びました。

陸海では、現在でも使用する用語が違うものが多々 有ります。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14341625.jpg

艦の横に付いていた魚雷発射管(短魚雷)。

その向こうは、日本海軍が誇った、「高速」で「長距離射程」で「航跡(ウェーキ)が見えにくい」酸素魚雷。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14483414.jpg

昭和に入って建てられた教育参考館。

東郷平八郎の遺髪や特攻隊員の遺書、その他

海軍軍人の写真や遺品など約1200点が並ぶ資料館。




海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14435551.jpg

教育参考館の横にある、戦艦大和の主砲の弾と

真珠湾奇襲の時に活躍した特殊潜航艇。

後ろに見えるのは、幹部候補生が起臥寝食する学生館。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14495259.jpg
明治時代の赤レンガの建物と、向こうに見える大正時代の大講堂。






海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14351682.jpg

幹部候補生学校の赤レンガと向こうに聳(そび)える

古鷹山(写真左端)。日露戦争時の参謀、秋山真之が毎日のように登ったとか。

巡洋艦「古鷹」にも名付けられました。

左の緑のシートがかけられているのは

工事中の第一術科学校学生館です。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14355436.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校(江田島・旧 海軍兵学校)と、手前に咲く桜と
背後に聳(そび)ゆる古鷹山。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14394696.jpg

陸路で江田島に渡るには、「音戸の瀬戸」と「早瀬の瀬戸」の

二つの橋を渡って少し迂回しなければなりません。

写真は「音戸の瀬戸」、平清盛が開いたとされる海峡です。

宋(当時の中国)との日宋貿易の経路として

干潮時には干上がっていたこの場所を掘削し、現在の海峡にしました。

今でも平清盛を賛えて清盛祭りが開かれます。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14403213.jpg
音戸の瀬戸を、渡るために登るループ橋

※小用港~呉港間の連絡船の最終便に乗り遅れて
幹部候補生学校の門限に遅刻しそうになった場合、タクシー等で、こちらの道を急ぐ事になります。

※広島県で、広島東洋カープを悪く言うのは止めませう。
と言いましょうか、住民票を移して広島県民になった以上、カープファンになりましょう。
関西出身の阪神ファンの幹部候補生や、関東出身の巨人ファンの幹部候補生が、
帰りのタクシー車内でカープの悪口を言ってしまい、怒ったタクシー運転手さんに途中で降ろされてしまった事件がありました。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_14415492.jpg

「音戸の瀬戸」の橋の上から撮った写真。

右側の岸の向こうに見えるのが呉市街


海上自衛隊幹部候補生学校(旧 海軍兵学校) 入校案内 (最終合格者用)
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15321876.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校 入校案内 表紙


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15334600.jpg
江田島 第53期 一般幹部候補生採用予定者の皆さんへ

  海上自衛隊一般幹部候補生の採用試験合格を心からお祝い致します。
校長以下、職員一同、若さと元気にあふれる皆さんの入校を心待ちにしております。
  本校に関しては、ある程度の知識は持っていることと思いますが、
すでに海上幕僚監部から配布されている着校案内とは別に、入校に際して必要な事項を通知しますので、
所要の準備を整えて着校するよう希望します。

       海上自衛隊幹部候補生学校  第1学生隊長  2等海佐(中佐)  ○○ △△


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15344219.jpg
1 着校日時等
(1)着校日時  海上幕僚監部から通知されているとおりです。
     平成14年3月27日(水) 0830~1000 (時間厳守)
(2)受付は、午前8時30分から学生館1階中央ロビーで行います。早めに着校して下さい。
(3)着校後、選考時と同程度の身体検査を実施します。この際、身体に異常がある者は不採用となりますので、健康管理には十分注意してください。
(4)着校当日の昼食以降の食事及び宿泊は、学校で準備しています。
(5)在校中、私有車両(自動二輪車を含む)の保有及び運転は自粛させています。車両等では絶対に着校しないで下さい。
(6)緊急時の連絡先
   〒737-2195 広島県 江田島市 海上自衛隊幹部候補生学校 学生隊
        第1学生隊長 (又は、第1学生隊長付(づき))  TEL   (内線)
2 携行品
    海上幕僚監部人事教育部人事計画課から配布されている着校案内に示された携行書類等の他、
別記 校友会活動に必要な特殊な衣類・用具で持参できるものを携行して下さい。
携行品の参考リストは別添のとおりです。
     なお、入校後の校外実習等の際、必要となる私服(スーツ、ジャケット類)は携行する必要はありませんが、準備しておいて下さい。
3 身上関係書類の準備
   入校後、身上関係書類等を作成していただきますが、その資料として、同封「経歴明細覚え書き」に必要事項を記入し持参してください。
また年金手帳と給与振込予定の通帳も忘れずに持参するようお願いします。
  なお、不明な点については第1学生隊長付まで連絡下さい。



海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15363570.jpg
4  荷物の送付
  直接本人が携行しえない荷物は、前もって宅配便等で送付しても差支えありません。
(発送あて先) 
〒737-2195 広島県 安芸郡 江田島町 海上自衛隊幹部候補生学校 
第1学生隊気付 第53期一般幹部候補生 (本人氏名) 行
5 参考
幹部候補生学校の概要
(1)本校教育の目的
   幹部自衛官としての資質を養うとともに、初級の幹部自衛官として必要な基礎的知識および技能を修得させる。
(2)学校の沿革等
   旧海軍兵学校時代
      1888年(明治21年) 8月  海軍兵学校、東京から江田島へ移転
      1893年(明治26年) 6月  生徒館 落成(現在、幹部候補生学校使用の赤レンガの建物)
      1917年(大正 6年) 5月  大講堂 落成
      1936年(昭和11年) 3月  教育参考館 落成
      1945年(昭和20年)10月  海軍兵学校 廃止
   幹部候補生学校の歴史
      1953年(昭和28年) 5月  横須賀地方総監部(当時 神奈川県 横須賀市 田浦町、同年10月 西逸見町に移転)で、第1期幹部候補生に対する教育開始
        同年          8月  術科学校 (横須賀市 田浦町)へ移管
      1956年(昭和31年) 1月   術科学校、江田島へ移転 (4期生および5期生)


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15380752.jpg
5 参考
幹部候補生学校の概要
(1)本校教育の目的
   幹部自衛官としての資質を養うとともに、初級の幹部自衛官として必要な基礎的知識および技能を修得させる。
(2)学校の沿革等
   旧海軍兵学校時代
      1888年(明治21年) 8月  海軍兵学校、東京から江田島へ移転
      1893年(明治26年) 6月  生徒館 落成(現在、幹部候補生学校使用の赤レンガの建物)
      1917年(大正 6年) 5月  大講堂 落成
      1936年(昭和11年) 3月  教育参考館 落成
      1945年(昭和20年)10月  海軍兵学校 廃止
   幹部候補生学校の歴史
      1953年(昭和28年) 5月  横須賀地方総監部(当時 神奈川県 横須賀市 田浦町、同年10月 西逸見町に移転)で、第1期幹部候補生に対する教育開始
        同年          8月  術科学校 (横須賀市 田浦町)へ移管
      1956年(昭和31年) 1月   術科学校、江田島へ移転 (4期生および5期生)
     1957年(昭和32年)  5月  幹部候補生学校 設立、開校(7期生および8期生)
        同年          8月  第1期幹部予定者学生入校
     1960年(昭和35年)  8月  第1期飛行幹部候補生入校
     1967年(昭和42年)  7月  第1期飛行幹部候補生(部内)入校
     1976年(昭和51年)  4月  第1期一般幹部候補生(婦人)入校
     1980年(昭和55年)  4月  第1期医科歯科幹部候補生入校
     1997年(平成9年)  10月  新学生館完成
     1998年(平成10年)  4月  新学生館全面運用開始

(3)海上自衛隊幹部候補生学校の年間の主要教育課程等

★第1学生隊
一般幹部候補生(防大・一般大) 4月~12月
医科歯科幹部候補生(防衛医大・一般大) 4月~5月
公募幹部  10月~11月

★第2学生隊
一般幹部候補生(部内)6月~2月
飛行幹部候補生 9月~3月

★第3学生隊
幹部予定者過程 3月~7月、8月~12月

海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15390935.jpg
(4)海上自衛隊幹部候補生学校の教育内容(一般幹部候補生課程) 

分類および科目
訓育 : 知的教育、諸点検、鍛練行事
体育 : 体育概論、体操、球技、格技、水泳
訓練 :陸上警備、短艇、信号通話、防火防水
普通学:英語
隊務 : 指揮統率、教育訓練法、業務管理、勤務一般
防衛術 : 防衛等関係法、国際法、戦史、安全保障、作戦要務、先端科学技術
術科 : 艦艇(運用、航海、船務、通信、機関)、潜水艦、航空、後方、情報、各種戦、武器体系
実習 : 護衛艦実習、航空実習、潜水艦実習、掃海実習

(5)海上自衛隊幹部候補生学校の年間主要行事等(予定)
平成14年4月2日(火)   入校式
4月下旬  護衛繿実習
5月  春季休暇、短艇競技
6月  海空候補生交換行事、口米候補生交換行事
7月  遠泳(約15㎞)、水泳競技
8月  帆走巡航・幕営訓練、夏季休暇
9月  航空実習
10月 球技競技、野外戦闘訓練
11月 自衛隊記念日行事、護衛艦・潜水艦実習
12月 掃海艇実習、弥山登山競技、持久走競技
12月下旬 ~ 1月上旬  年末年始休暇
1月上旬  厳冬訓練、通信競技
1月中旬~2月下甸  護衛艦実習
3月下旬  遠漕競技、卒業式

海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15402761.jpg
(6)海上自衛隊幹部候補生の日課の標準(時間割)  ((  )カッコ内は、冬期日課:10月1日~3月31日)
0600(冬期時間割 0630) 起床
0605 (冬季0635)    体操
0615(0645) 甲板掃除 (←つまり校内掃除。環境清掃)
0700      朝食
0800      定時点検
0810       課業整列
0820~1200 教務
1200      昼食
1300~1545 教務
1600      別課訓練(校友会活動等)
1730 (冬季1715 ) 別課終了、入浴・夕食
1900      甲板掃除 (校内清掃)
1930      巡検 (幹事付α(幹事付アルファ)・幹事付β(幹事付ブラボー)による定時点検)
1930~2150 自習 (学生館3階の自分の机で勉強) (「延灯」を事前に申請すれば2330迄可)  
2200(延灯しても2330)      消灯 (学生館4階で就寝)

(7)海上自衛隊幹部候補生学校での校友会活動
  ア 運動部門(全員加入)
 平日の16 0 0~1 7 3 0 (冬期:~17 15)、別課訓練時に種目別訓練として
全学生が次に示すいずれかの種目に参加します(6月以降)。
また、土・日曜日には対外試合等も行われています。
    柔道   バレーボール      サッカー     水泳
    剣道   ハンドボール      ヨット      テニス
    空手   ソフトポール      ラグビー     駅伝

  イ 文化部(自由加入)
毎週水曜日1830頃から、次の同好会活動が行われています。
    英会話   茶道   書道   兵学   コーラス  絵画
    音楽   謡曲   ブリッジ(トランプ) 漢詩


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15413433.jpg
(8)海上自衛隊幹部候補生学校での校内生活
ア 全員、海上自衛隊幹部候補生学校内で起居します。
イ 外出、面会等
(a)外出は、原則として土~日曜日及び休日の規定時間内にできます。
   休養日を校外で過ごすことを希望する者は、下宿を設定することができます。
(前期学生は全員、下宿を設定しました。)
   なお。入校後約2~3週間は。入校教育期間となり、外出は許可されません。
(b)休暇は、春季、夏季。年末年始休暇が、それぞれ許可されます。
(c)部外からの面会は、勤務時間外である下記の時間内で許可されます。
    平日  1200~1300 及び 1730~1930
    土・日曜日及び休日   0800~2000

ウ 海上自衛隊幹部候補生学校入校前の健康管理
 衛内に自衛隊病院があり、診断治療を受けられますが、
入校までに治療できるもの(特に歯)は、できるだけ治療を済ませて来て下さい.
 入校後は、年間を通じてかなり体力を必要とする訓練及び各種競技が実施され、
また、毎日.朝6時起床(冬期10月~3月は6畤半)、夜10畤就寝といった生活が続きますので。
(入校時の体力測定で、持久走1 5 0 0 mを6分(女子は1000mを4分30秒)及び
水泳の平泳ぎ50mが60秒切れない者については、両方クリアーするまで強化訓練が続きます。)


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15441900.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校学生館(正面玄関)、海上自衛隊幹部候補生学校学生館(東棟)


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15445153.jpg
上自衛隊幹部候補生学校学生館3階の自習室。
海上自衛隊幹部候補生学校学生館4階の寝室。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15453025.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校の別棟1階の浴室(大浴場)。
海上自衛隊幹部候補生学校学生館3階の食堂。


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15461002.jpg
海上自衛隊幹部候補生学校 校内 案内図(東西南北には、こだわっていません)


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15472490.jpg
案内図
○広島~小用
  JR広島駅~宇品港まで
市電で約30分(150円)
タクシーで約20分(約2000円)
  宇品港~小用港まで:高速艇(約1時間おき)で約25分(770円)
○呉~小用
  JR呉駅~呉中央桟橋まで:徒歩約10分
  呉中央桟橋~小用港まで:フェリー(約30分おき)で約25分(3 0 0円)
○小用港~幹部侯補生学校まで:パスで約10分(150円):第1術科学校前下車
 

海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15480539.jpg
★★増田真知宇 先生(先輩)からの推奨事項(男子学生)★★
★★入校後すぐに必要なもの(別添)
●パンツ(短パンからはみ出ないもの。夏季は白限定)×7、
●U首シャツ×7、 
●靴下(白・黒)×各8
●運動靴、 
●ガムテープ(布がおすすめ)、
●白ハンカチ×5、
●靴磨きセット(黒・白)
●ネクタイピン、 
●パソコン、プリンター、
●一般的な筆記用具(はさみ、ホッチキス、名前用油性ペン、万年筆を含む。)
●クリップボード(A4判)、 ●メモ帳(12.5×9.0cm)、 ●印鑑、訂正印、●現金(2~3万円)
●通帳、カード(郵便局がおすすめ)、 ●サンダル、●白タオル×7、●洗剤、●歯磨きセット
●カミソリ(電気がおすすめ)、 ●腕時計、 ●シャンプー、 ●石鹸(洗面器に入るサイズのもの)
●簡単な救急セット、 ●ソーイングセット

★★いずれ必要になるもの(江田島で購入した方が良い物)
●体育館シューズ、●水着(競泳用)、●水中眼鏡、●色鉛筆
●マグライト(ペンライト)、●軍手(白・緑)、●身分証入(チェーン付)
●長いチェーン付キーホルダー

★★自衛隊幹部候補生学校入校前準備
●ランニング(長距離)
●水泳
●散髪(横を青くなるまで、来てからでも可。茶髪は黒く染めておく)  ●軍事関係の広く浅い勉強

散髪に関しては、幹部候補生学校構内に散髪屋がありますので、
着校後に散髪するのが良いと思います。
下手に短髪やスポーツ刈りにしてくると、着校後に校内散髪屋で散髪し直しになる可能性があります。
海上自衛隊幹部候補生学校内の散髪屋へ行けば、
「江田島刈り」とか「幹部候補生カット」と呼ばれる髪型にしてくれます。
(長さとしては、丸刈り以上スポーツ刈り未満の長さです。
逆に短すぎる「丸刈り」は禁止されています。
帽子をかぶるとはいえ、艦内などで突起物に頭をブツケると危険ですので、髪の毛は多少あった方がいいのです)






過去の幹部候補生試験 2次試験論文 テーマ
平成25年度
BMDについて       日本のエネルギー政策
サイバー空間の防衛     欧州経済危機について
大量破壊兵器の移転と拡散  TPPについて

平成24年度
東日本大震災について    FTAとEPAについて
動的防衛について      レアアースについて
日米安保の現状と重要性   再生可能エネルギーについて
ソマリア、アデン湾での活動 年金制度について

平成23年度
中国の軍事費拡大について  非正規雇用について
緒戦半島情勢について    少子高齢化について
日本の領土問題について   地球温暖化について

平成22年度
国際平和協力活動について  日本の宇宙開発
沖縄の基地移設問題     医師不足問題
日本周辺の安全保障     裁判員制度

平成21年度
国際的な核施設問題     温室効果ガスに対する取り組み
補給支援特措法       食の問題について
日米安保について      雇用形態の問題

平成20年度
世界各地の紛争について   少子化問題について
日本の領土問題       行政・財政改革について
在日米軍再編について    サブプライムローン問題について


海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15502586.jpg

増田真知宇 先生の自衛隊幹部候補生試験 合格証書。
海上自衛隊一般幹部候補生 採用予定通知書 (海上幕僚長)印
 あなたは、海上自衛隊一般幹部候補生の採用予定者に決定しましたので通知します。
         記
受験番号  海 107
着校日時   3月27日  8時30分から10時まで
入校先  広島県江田島  海上自衛隊幹部候補生学校

9月に海上自衛隊幹部候補生に合格した後、上位合格者に順次送られてくる採用予定者通知書です。

(真知宇 先生は、大学生当時、ネットアイドルであらせられたため名字が切り取られています)

着校前夜は江田島校内に宿泊する事が出来ますし、入浴・夕食も用意されています。






自衛隊幹部候補生試験合格体験記

★祝★ 増田真知宇 先生、大日本帝国海軍 連合艦隊(海上自衛隊)幹部候補生試験 最終合格♪


9月3日午前中に、自衛隊○○募集所の広報員さんから
電話があり、「合格しました」とのことだった。
5日には、海上自衛隊幕僚統監部から大型封筒が届き
中を開けると「合格証書」「採用候補者名簿から採用まで」「意向回答返信ハガキ」
が入ってた。入隊or辞退の意思確認返信ハガキが最初から入っている
ということはどうやら上位合格らしい♪ (辞退者が出た場合の予備合格ではない)
てっきり2次試験の面接で落ちたと思い何もメールしなかったんですが、
何故か合格してしまったので、6月27日に海上自衛隊舞鶴統監部へ
行った時のことを憶えている範囲で書こうと思います。

5月の1次筆記試験(教養試験&専門試験)合格したあと2次試験の案内が郵送されて来た。
募集所の広報員さんから電話があり、「当日朝に迎えに行きます」
とのこと。朝8時半までには舞鶴に着いていなければならないので、
迎えに来る 時間は朝6時。
真知宇は朝に弱いのだが、目覚し時計2つとタイマー付ラジオを
1分ごとにずらして鳴らす時間差攻撃でなんとか朝5時に起きることができた。
6時に迎えに来るまでに朝食を取りシャワー浴びて背広に着替える。

車は、高速を通って舞鶴へと向かう。
広報員さんと くだらない雑談
(軍事・歴史・法律・自衛隊内部の生活の話など)をしながら、
丹波で高速を降り、そこから40分ほど2ケタ国道を舞鶴西港へ向かう。
西舞鶴市街を過ぎ日立造船の大きな工場&ドックを横に見ながら、
海上自衛隊舞鶴基地についた。
グレーの護衛艦が何隻か停泊している。その港の道路をはさんで丘へ上がった所に
舞鶴統監部があった。広報員さんは門に入る前帽子をかぶり運転しながら門衛に
軽く敬礼して中へ入る。 敷地内の緩やかな坂を登って幾つかの棟を過ぎると
「幹部候補生 試験会場」の立看板があった。車を降りその受付で
1次試験の合格証&2次試験案内
を出して中へ入る(この時午前8時前、受付終了の30分前になんとか入れた)。
広報員が「僕が付いて行けるのはここまでやから、・・・頑張って」と
見送る。真知宇「ありがとうございました」と言って、受験生控え室に入る。

中へ入ると、その日の2次試験受験生が二十数人ほどいた。
空いている席もいくつかある(2次試験辞退者?)。
海自制服を着た受験生も数人いた。どうやら現職自衛官の
幹部候補試験受験者らしい。他は真知宇と同じくスーツ(背広)着た一般受験生。
2次では面接があるとあって、さすがにラフな格好での受験生はいなかった。
前の掲示で自分の席を確認して座る。
控え室には白い制服を着た(たぶん佐官)試験監督官のおじさんと、
女性自衛官がいた。この試験監督のおじさんは常に控え室にいて
論文試験の監督や、面接試験&身体検査(他の部屋で行う)の部屋の出入りの
チェックをしていた。白の制服に肩の黒と金の階級章がかっこいい。
たぶん曹クラス(制服の腕の部分にくさび形のマークがある)の女性自衛官は
試験の補助(答案用紙の配布・回収)や
面接試験場や身体検査場(軍医棟)への道案内をしていた(けっこう美人)。

試験監督官によって、A班・B班・C班・D班に分けられ、
「午前中面接、午後身体検査」のグループと「午前中身体検査、午後面接」の
グループとに分けられる。真知宇は午前から面接になってしまった。
(何を話せばいいのやら・・・・)
したがって、真知宇の日程はこのようになる。

----------------------------------------------------------
◆2次試験日程
受付 08:30 終了
試験説明・「自己○○(←忘れ)表」記入
●論文試験 10:00~11:00
●面接(午前)
<昼休み>
●身体検査(午後)
----------------------------------------------------------

試験監督官の試験説明を聞きながら、自己調査票(?正確な名前忘れ)を記入していく。
「氏名」「生年月日」「志望理由」などなど。
「大学での所属ゼミ・専攻」「研究・発表テーマ」の欄があって困った。
真知宇はゼミに所属していない(なんという体たらくぶり♪)
仕方が無いので、ゼミの欄には「ゼミ所属せず」と書いておいたが、
研究発表欄には、「3回生時、総合セミナー(一般教養)のXゼミにおいて
『インターネット社会における法』のテーマで4回ほど発表」と書いておいた。
(これらの書類は後に面接官の資料となったらしく、あとで面接で突っ込まれることになる)

所属サークル・同好会の欄もあったが、てきとーに
「大学司法試験研修所 3回生時:基礎講座1(憲法・民法・刑法)
4回生時:基礎講座2(商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)と書いておいた)
(↑はたして大学で受けたこれらの課外講座が、サークル課外活動と言えるのやら…)

10時前になり、小論文試験の答案が配られだす。
前日夜に同じく幹部候補2次試験を受けていた友人から電話で、
「俺が受けた時の論文試験テーマは『日本のODAについて
述べなさい』と『日本の道徳教育について述べなさい』の2つから1つ選択だったよ。」
と情報を得ていたので、前日の晩に(図書館はもう閉まっていたので)
インターネットでこの2つについて検索をかけ
基礎知識は仕入れておいたのだが、小論文試験のテーマは前日とは変わっており
見事に空振りに終わった。

真知宇が受けた日の小論文試験はこうである。
---------------------------------------------------
以下の2つの中から1つを選択して、述べなさい。選んだものに
○を付けなさい。
1.日本のかかえる領土問題について
2.地球温暖化問題について
---------------------------------------------------

「地球温暖化問題」についてはよく分からなかったので
「領土問題」の方を選択することにした。
この2次試験を受けていた6月27日は、ブッシュ米政権がCO2の
京都議定書への批准がどーのこーのといった時期だったと思うが
京都議定書の内容自体、勉強不足でよく分からない。

「日本のかかえる領土問題」を1時間以内に原稿用紙1枚に
まとめなければならない。下書きしながら書くことを大体決め
「北方領土」「竹島」「尖閣諸島」の三つに分けて、
これらの領土に対する日本国の正当性について述べ
解決法を書くことにした。

憶えている範囲で 論文答案の大体を再現すれば
---------------------------------------------------------------------------
  日本のかかえる領土問題については主に「北方領土」「竹島」「尖閣諸島」の
3つがある。これらの問題は、相手国や歴史的経緯から個別的に検討していかな
ければならない。
  北方領土は、エトロフ(←試験中、漢字をド忘れしたのでカタカナで書いた)島、
国後島、色丹、歯舞諸島からなり、ロシアはこれらの領土を第二次世界大戦の勝利で
取得したと主張する。しかし、得撫島以北の千島列島や南樺太と違い、これら北方四島は
日露戦争以前からの日本固有の領土である。また、当時有効であった日ソ中立条約を
一方的に破棄して参戦したことは不当である。1956年鳩山政権下において日ソ共
同宣言を結んだ際、これら領土問題は平和条約発効時に解決すると約束され、橋本
政権下のクラスノヤルスク合意でも確認されたが、今でも引渡しには到っていない。
  竹島(韓国名:独島)は、明治時代に無主の島を日本が島根県に編入したもので
あるが、戦後1950年代、韓国大統領が李承晩ラインを一方的に宣言し、竹島を
韓国領とし、また同海域での日本船舶のだ捕が相次いだ。国境線の一方的宣言は国際法
上違法であるが(←そうなのか知らんがてきとーに書いておいた)、それ以降竹島で
は韓国の実効支配が続いている。
  尖閣諸島(中国名:魚釣台)は明治時代の琉球処分時に沖縄県編入と同時に日本領
となったが1960年代になって、同海域に海底資源の可能性がでてくると、中国が古
典文献に記載あること(沖縄への道標)を理由として領有権を主張してきた。当時、沖
縄は祖国復帰しておらず、日本政府は強く抗議できなかったが、1972年の沖縄返還
と同時に日本に復帰し、尖閣諸島では日本の実効支配が続いている。
  これらの領土問題は日本の国益に関わるものであるから、国民の意識を高めまた維
持しつつ、ねばり強く交渉を続けて解決していかなければならない。
-----------------------------------------------------------------------------
・・・・・・とまあ、こんな事を書いておいた。
知識の間違いがかなりありそうだけどあまり突っ込まないでくれ。
真面目にマトモに書いておいた♪
(決して「武力で北方領土 奪還」などという過激なことは書いてない♪)

李承晩ライン宣言や中国の尖閣領有主張等の年号をはっきりと憶えていないものは
○○年代と解答することで逃げた。

後で調べると、韓国の李承晩ライン宣言は、日本がサンフランシスコ講和条約
(締結は1951年9月8日・発効は翌1952年4月28日)が発効し、
日本が主権を回復し独立する約3か月前の1952年1月18日でした。
また中華人民共和国が尖閣諸島領有を主張したのは1971年12月30日でした。

論文答案の問題用紙は最後2~3行ぐらい空いてたなあ・・・・(真知宇の知識不足)。

(答案中、尖閣諸島の中国名を『魚釣台』と書いてしまいましたが、正確には『釣魚台』の
間違いでした。謹んで訂正いたします。・・・ってもう手遅れだが)

論文試験が終わり、面接まで少し休憩。
真知宇の班の前の人が順次に面接会場へ移動していく。
真知宇は、その間読書をしていたのだが、何の本だったか忘れてしまった。
やがて、「次、××君、××君、○○(←真知宇の名字)君、面接会場の方へ」
と試験監督官に言われたので、論文試験会場&受験生控室の席を立ち、
他の人と一緒にドアを出る。
例の美人の婦人自衛官が自分の帽子をかぶり(なかなか かっこいい)
「どうぞ、こちらへ」と誘導しだす。
控え室のあった建物を出て、海自基地内の道を歩く。
道の横の芝生では、10代にしか見えない青い服の自衛官が1人作業をしていた。
2棟ほど離れた別の白い建物が面接会場だった。婦人自衛官のお姉さんの誘導は
ここまで。受付に名前を告げて、面接室の前の廊下の椅子で待たされる。
少し古い建物だけど、大正か昭和前期のハイカラな感じの窓であり、
壁は綺麗に白に塗られていて、床はじゅうたんだった。
さて、ここからは異様に長い。
海上自衛隊は人物選考が厳しいのか、面接は一人あたり
20分近くという長いものだし、待ち時間も真知宇自身の面接も
それに合わせて長かった。
待っているのは真知宇とその前の二人。
真知宇の前の人は、曹クラスの海自制服を着た現職自衛官だった。
真知宇に比べれば立派な体格で、背筋を伸ばして直立不動、
立派な帽子をひざの上に置いて威厳をただよわせて座っている。
真知宇はその隣で、窓から庭や海の方を見ながら、のほほんと待つ。

やがて面接室の立派な木のドアが開き、面接の終わった一人が
「失礼します」とドアの向こうに一礼しながら出てきた。
真知宇の前の順番の制服自衛官が帽子を持って立ち上がる。
廊下の端の机に座ってた面接会場受付の背広のおじさんが
つつつと寄ってきて、「ちょっと待ってね」とその自衛官に言い
面接室の中へ入る。その自衛官はその前で直立不動で待ってる。
2分ほどして、背広のおじさんは部屋から出てきて「いいですよ」
と言った。次の瞬間、真知宇は少しおどろいた。
面接を受けるその自衛官はドアの前でものすごい大きな声で
「入ります!!」と叫んだ。(これが隊内でのしきたりなんだろうか?)
その自衛官は中へ入っていってしまい、面接の様子は分からないかと思われたが
この自衛官の面接での大きな声は厚い扉を越えて廊下まで聞こえてくる。
はっきりとは分からないが「はい!!」「・○○です」「○○(所属?)です!」
「ひとつ!○○!、ふたつ!・・・・(どうやら隊内での心得?隊規?
海軍の五省?らしいのを暗唱されてるらしい)」などと言っていた。真知宇もどんなことを
質問されるのだろうと最初は聞き耳を立てていたが、なんせ面接は20分と長い。
じきに集中力が切れ、窓の外の芝生や海の方角を見たり、廊下の端の面接受付の
おじさんを観察したり、次の面接受験生を連れてきた婦人自衛官&受験生の顔を
ほうっと眺めたり、携帯電話を取り出してメールチェックをしたりしていた。

そうこうしているうちに面接室のドアが開き、例の自衛官が
「失礼します!!」と大声で中に礼をしながら出てきた。
いよいよ真知宇の番である。受付のおじさんが廊下を小走りしてきて
真知宇に「ちょっと待ってね」といいながら中へ入って行った。
真知宇は廊下の椅子に座ったまま。中から将校の制服を着た
白髪のがっしりしたおじさん(あとになって思えば、左側に座ってた2佐の面接官)
が出てきて廊下の端のトイレに行き、帰りにジロリと真知宇を一べつしながら
また面接室に入って行った。
時間は3~4分かかった。多分この間に前の自衛官の面接を採点してたか、
真知宇の経歴書・志望理由書などを 見ながら、
真知宇に何を質問するかなどを面接官3人で考えていたのだろうと推測する。

やがて受付の背広のおじさんが中から出てきて、真知宇に「はい、いいですよ」
と言った。真知宇は立ち上がり、ドアの前で息を軽く吸い込んで「入ります!」
と結構大きな声で言った(・・・つもりだが、実際にはそんなに大きな声では
なかったかも知れない)。ドアを開けるとさすがに緊張した。
中は立派な部屋で、向こうの机にこれまた立派な制服を着た自衛官が3人並んでいる。
その前に、椅子が一つだけおかれている。受験生控え室にあった面接のルールにより
その椅子の横に進み出て、「名前は○○○真知宇です」と氏名を告げる。
真ん中の中央面接官が「どうぞ、座って」といい、真知宇は「はい」と椅子に座る。
面接官の前には、面接官の「名前」と「階級」が書いてあったが、そうそうたるメンバー
だった。真ん中の中央面接官は二等海佐(旧海軍中佐・艦長クラス)だった。
3人とも白髪か白髪交じり(40代~50代)。
真ん中のおじさんはメガネをかけてて、中肉中背、威厳があった。
真知宇から見て右側に座ってるおじさんは、やや背が高くメガネ、あとで
少し意地悪な質問(圧迫面接?)もしてきた。
左側に座ってるおじさんは がっしりとした体格に白髪で
大きく鋭い二重の目をしていてかっこいい。
さっき、トイレに立つのを見たおじさんである。
3人とも、綺麗にアイロンでもかけられたような白い制服で、
肩に金&黒の階級章、左胸に戦歴が何かを示す色や勲章のようなものが
いくつか飾ってあった。

真知宇は少しビビッているように見えたのだろうか?
真ん中の中央面接官が、手でジェスチャーをして微笑みながら
「まあ、リラックスして」と真知宇に言った。ここから数十分間の長い面接。

最初の質問(導入質問)は、どうでもいい質問から入るらしい。
別の受験生の時の最初の質問は「ここ(舞鶴)までは、どうやって来たの?」
という質問であり、「電車で来て、昨夜は泊まりました」という様な話になって
「そうか~、ご苦労だったねえ、・・・志望理由を述べてください」と入ったらしい。
真知宇の場合は・・・、

 

中央面接官:「えーっと、まず、非常に変わった名前だけれども、良ければ
由来を聞かせてもらえるかな?」
真知宇:「はい、えー・・、母が大学時代にフランスの哲学者サルトルに傾倒して
おりまして、その小説『自由への道』の主人公の男の子の名前から付けられました。」
中央面接官:「ほうー、フランス・・ね。自衛隊への志望理由を述べてください」
真知宇:「はい、えーっと・・・、直接的なきっかけとしては、
3年前の夏、大学2回生の時(←注:真知宇は留年しています)
運転免許試験場で車の免許を取った時に、そこで自衛官募集の
ポスターを見、・・・えー、当時3年前の夏は小林よしのり氏のマンガ「戦争論」
を愛読していて、・・戦争と平和について自分なりに考え、・・・えーっと、
愛する祖国や国民同胞を防衛するという任務に自分も参加したいと考え、
そのポスターについてたハガキを出したところ、募集所の広報員の方が数日後に
やって来られて、とても丁寧に説明していただき、・・・えーっと運転免許場へ
行ったのが8月でしたから、その後の9月の曹学補士の試験を・・・当時は何も
考えずに「陸上」志望で受けて・・受かり、翌年の5月に幹部候補試験を受けて
受かり、それ以来3年間受けつづけています。今年は4回生ですので、合格できれば
入隊したいと考えています。えー・・・陸海空のうち、なぜ海上志望かとうと、
日露戦争や太平洋戦争における海軍の戦いぶりが好きなのと、船が好きなのと、
あと僕個人的な感覚ですけれども 海自の制服がかっこよくて好きだからです。」

中央面接官:「・・・わかりました。」
(20分超の長い面接だったのでかなりの質問をされたのだが、
何しろ2ヶ月前のことなので、いくつか忘れたり、質問が順不同だったりするけど
あしからず・・・)

(他の受験生の場合、「陸海空の各自衛隊のうち、なぜ海上志望なのですか?」という質問も有ったが
真知宇の場合は、自衛隊への志望理由の中で答えてしまったので、この質問は なされなかった)

中央面接官:「他に、公務員試験、民間等を受けていますか?」
真知宇:「はい、国家2種と、大阪市役所 行政職を受けてます。」
中央面接官:「で、それ行くの?」
真知宇:「いえ、こちらが第一志望です。」

中央面接官:「ご家族、知り合いに自衛隊関係者はいますか?」
真知宇:「いえ、いません」

中央面接官:「ご両親は自衛隊入隊について、どのように言っていますか?」
真知宇:「はい、父は受かれば行けというふうに言っています。母の方は特に何も言っていません。」
中央面接官:「お母さんは入隊に反対なのですか?」
真知宇:「あっ、いえ。お前の好きなようにと、任せてくれていると思います。」

中央面接官:「二士、曹候補士、曹候補学生、そしてこの幹部候補生試験とありますが、
なぜ幹部になりたいのですか?」
真知宇:「特に幹部にこだわってはいません。これに落ちれば曹候補士で受けて
入ろうと思っています。・・けれども、やる以上は入ってからも幹部候補試験や
昇任試験などを受けて上を目指していきたいと思っています。」
中央面接官:「上を目指して?」
真知宇:「はい」


中央面接官:「幹部に必要なもの、資質は何だと思いますか?」
真知宇:「・・・えーっと、十分な知識とそれに基づく冷静な判断だと思います。」
中央面接官:(さらに突っ込む)「それは、どうすれば得られると思いますか?」
真知宇:「・・えーっと、難しいですけれども・・・、一生懸命勉強して、
・・・・勉強することと、経験などを積んでいくことだと思います。」
(↑変な答え)
中央面接官:「えー、この試験に合格すれば、幹部になって部下が付くし
またもちろん上司もいますが、部下に対してどんな幹部になろうと思いますか?」
真知宇:「はい、・・部下に対して優しい・・信頼されるような幹部になりたいと
考えています。」
中央面接官:(また突っ込む)「優しい?・・・信頼と言いましたが、それは
どうすれば得られると思いますか?」
真知宇:「・・・えーっと、・・・(悩みながら)・・みんなと共に行動したり
一緒に働きながら、態度で・・・責任ある行動をしていくことで・・・
時間をかけ、得られると思います。」

中央面接官:「上司と意見が対立した場合はどうしますか?」
真知宇:「・・上司に従います。」
中央面接官:「それは、何故ですか?」
真知宇:「えーっと、決定する権限・・決定権のある人に最終的に従うべきだからです。」

中央面接官:「では、部下と意見が対立した時はどうしますか?」
真知宇:「えー、・・・部下のその意見をよく聞き、その意見に理があれば、自分の
考えを曲げることもありうると思います。」

中央面接官:「えー、海上自衛隊の場合、隊員の多くは洋上勤務で
出港したら何日間か一緒に 寝室で寝、集団生活をするようになりますが、
知ってのとおり狭い空間で・・・・・えーっと、一般公開などで
護衛艦に乗ったことはありますか?」
真知宇:「(しまったあと思いながら)・・ありません・・・。」
中央面接官:「集団生活の経験はありますか?」
真知宇:「(冷や汗・・・)ありません。(さすがにこれではいけないと思い言う)
小中学の時に、スキー合宿やキャンプなどで数日すごした程度です。」
中央面接官:「集団生活、集団行動で大切なことは何だと思いますか?」
真知宇:「・・協調性だと思います。」
中央面接官:「協調性?もう少し他に、・・・あるいは具体的に?」
真知宇:「(と言われても分からない)えーっと、その集団の中で自分の役割を
認識してそれを果たしていくことが重要だと思います。」

中央面接官:「もし自衛官になって配属された場合、どのような職域、職種を
希望しますか?」
真知宇:「はい、艦に乗りたいので、船務・航海、水雷、射撃
(この辺は自衛官募集パンフを見た程度の知識)を希望します」
中央面接官:(手で「まあまあ」というような手振りをしながら)「もし、その
希望する職種へ行けなかったり、・・・・えー、他へ行って、例えば補給とかの
後方支援へ行ってくれと言われた場合、あなたは行きますか?」
真知宇:「はい、行きます」
中央面接官:「何故、そうしても良いと思うのですか?」
真知宇:「自衛隊全体を支えている任務には変わりないからです」

中央面接官:「幹部の場合、日本全国へ転勤がありますが大丈夫ですか?」
真知宇:「大丈夫です」

 

 

中央面接官は右側(真知宇から見て右)の面接官をちらりと見ながら
「私の方は、これで・・・・」と右の2佐(二等海佐)に振る。

右側の面接官は、終始真知宇の書類を手に取って見ながら、
右面接官「何かスポーツはやっていますか?」
真知宇:「はい、テニスをやっています。あと小学時代に野球と
水泳をやってました。」
(とはいえ、真知宇の体つき&色白を見れば、あまり鍛えてないのは明らか)
右面接官:「テニスを、どのくらい?」
真知宇:「はい、18の時から、去年まで4年間(←嘘)やってました。
4回生で忙しいので今年の4月から休んでいます。」
右面接官:「何か、大会に出場したとか、実績はありますか。」
真知宇:「・・・いえ、そこまで実力はありません。」
(実際に女子と試合をやれば負ける腕前・・・↑)

この右側の面接官は、けっこうキツイ質問をぶつけてくる。
大学の就職部が言う『圧迫面接』というやつだろうか。
どこの企業の面接でもたいてい圧迫面接があって、
面接官の何人かいるうち誰か一人が悪役(圧迫面接役)になり
受験生に「イヤな質問」「困る質問」をぶつけてくる。
これは決して「こいつ嫌い」とか「こいつは面接で落としてやろう」
という訳ではなく、わざと困る質問をぶつけて、その反応や
どうやって切り抜けるかを見るのである。

右面接官(志望理由書&経歴書を見ながら):「同志社高校へ行きながら
同志社大学へは行かなかったんですねえ・・・。これはなぜ?」
真知宇:「・・・えーっと、あまり勉強できずに、数学・化学・物理などが
苦手で成績が悪かったからです。」
右面接官:「あと(書類を見ながら)えーっと、1回生の時は、・・・商・・・経?学部
経営学科にいて、あとで法学部法律学科に・・、えー、これは転学部したと書いてあり
ますが、これは何故ですか?」
真知宇:「はい、商経学部時代に休講だった時に法学部の講義を聞き、
法と社会正義について考え(←ウソ)、こちらの方が興味があるのではないかと
思っていたところ、3月に転学部試験実施の掲示を大学の掲示板で見て
受けた所合格したので、転学部を決めました。」
右面接官:「この転学部で法学部1回生になったのですか?」
真知宇:「いえ、2回生時編入です。」
右面接官:「では、留年してますね、これはなぜ?」
真知宇:「えーっと、(困りながら)・・それは、商経学部からの転学時、
20単位ほど法学部では認められないと消えてしまったのと、・・あとは
私があまり勉強ができなかったからです。」

右面接官:「ゼミに所属せずとありますが、ゼミに入ってないのですか?」
真知宇:「はい」
右面接官:「普通、入っているものなんですけどねえ・・・。」
真知宇:「はあ・・・」
右面接官:「入らなかったのはなぜ?」
真知宇:「えーっと、2回生時編入でゼミについてよく分からなかったのと
選考にもれたのと、あと留年したことがあったからです。」
右面接官:「卒論についてはどうするの?書かないと卒業できないでしょ。」
真知宇:「えーっと、書かなくても卒業できますけれども、出来れば
その『インターネット社会と法』関係で書こうかとも思います。」
右面接官:「えっ?書かなくても卒業できるの?」
真知宇:「はい、ウチの大学の場合、所定の単位を揃えてれば卒論なしでも
卒業できます。」

右面接官:「では、この『インターネット社会における法』というので
発表したというのは、ゼミですか?」
真知宇:「えーっと、総合セミナーという一般教養の授業です、社会科学の分野
なら何を発表してもよいということだったので、それを発表しました。」
右面接官:「うーん、それにしても4回も発表するというのは
尋常ではない(←そうなのか?)。なぜ4回も発表したの?」
真知宇:「授業を受けていた人数が4人と少なかったので、週に一人のペースで
発表してもそれだけ発表できたのです。」
右面接官:「4回も何を、どんなことを発表したんですか?」

(真知宇、圧迫面接が続いててイラついていたのか、
ここから生半可な知識でベラベラとしゃべりだす)

真知宇:「はい、えーと、・・・4回のうち、テーマがそれぞれありまして・・、
第1回の発表は刑事法編として発表しまして、えーっと、インターネット社会において
どのような事をすれば刑法関連に触れるのか、・・・・えー・・
・・・例えば刑法230条(条文を出した時、面接官が少し驚いた顔をしたので
真知宇は調子に乗る)名誉毀損罪、・・ネット上の掲示板などに人の悪口を書き込んで
公に見える状態にすれば名誉毀損罪になる、・・・具体的事実を示して書けば名誉毀損
罪、具体的事実を示さず、『アホ』『バカ』『マヌケ』などの言葉なら侮辱罪、刑法231
条、・えーっと・・あと害悪の告知である刑法222条脅迫罪。」
(面接官らは、ぼーっとして聞いている)
真知宇:「えーっと、それからハッカーさんやクラッカーさんの類。クラッカーさんの
ように、相手側のパソコンをクラッキング・・・、つまり機能をシステムを破壊すれば
刑法261条の器物損壊罪・・・、 つまり、器物損壊罪とはその保護法益から
物の効用を害することをいうので、外見上 パソコンが壊れてなくても、
不都合を生じさせればこの罪を適用すべきと考える。
またこれが個人のパソコンではなく、業務用に使われていた場合、刑法234条の2
電子機器等損壊による業務妨害罪になります。
・・またハッカーさん(←なんで真知宇は『さん』付けで呼ぶのだろう)のように
相手側のパソコンに侵入して情報等を盗んでいく場合、・・・これがまた難しくて
現在日本の法律では情報窃盗・・、つまり情報を盗むことそれ自体を罰する法律は
なく、(真ん中の中央面接官が少し目を見開いて『そうなの?』という顔をしたので
説明しだす)・・・えーっと、例えば僕が、この自衛隊の基地内に侵入してここの
パソコンから情報を盗んで行く(何という例えだろう)・・・、
建物内に侵入してパソコンの中の情報を自分で持ってきたフロッピーに写して
持ち帰った場合、情報は物ではありませんし、僕はフロッピー持参で来たわけですから
窃盗罪、刑法235条は適用できず、
情報を盗むために敷地内に入ったことによる、刑法130条住居及び建造物等侵入罪
でしか罰することは出来ない。
そもそも窃盗罪、刑法235条の客体は民法85条にいう有体物をいう・・、つまり
固体や液体、気体といったもの、排他的に管理できるものも言うけれども・・。
したがって、えー・・ハッカーさんの場合も同じことで、情報を盗んでもそれ自体を
窃盗罪には問えない、そのためつい最近まで処罰できなかったんだけれども、
3年前だったかに『不正アクセス禁止法』が出来まして、不正の目的でアクセスすれば
全て罰せられ2年以下の懲役に処せられることとなりました。・・・えーっと、
   2回目の発表では、民事上の問題についてやりまして、例えば契約に関する裁判
管轄、ジュリスディクションの問題・・・・・<長ので書くの省略、その他クリックを
2度した場合の錯誤(民法95条)の問題など>
   3回目の発表では、ネット上での知的所有権、著作権の問題についてやりまして
・・・・・<これまた長いので割愛>
   それで4回目は、それらのまとめをやりました。あと最後にそれらをまとめて論文
を提出しました。」
とまあ、3~4分くらい早口で話し続けた。
右面接官:「・・・・・・そうですか。・・・・えーっと、
(他の面接官を見て)私の方はこれで。」
いやな質問をぶつけてきてた右面接官が質問をやめてしまった♪もう聞くことはないと
思ったのか、真知宇が話しまくって彼の持ち時間を無くしてしまったのか・・・。

続いて、二重の目のかっこいい左面接官。
左面接官:(抱負の欄を見ながら)「『護衛艦の艦長を目指して、立派な自衛官として
やっていきたい』とありますが、なんで艦長になりたいの?」
真知宇:「それは、えーっと、護衛艦が好きだからです。」(答えになってんのか?)
(他にもいくつか質問があったが、真知宇忘れ)


左面接官:「趣味が、テニス、ピアノとありますが、テニスは先ほど・・ねっ、聞いた
けど、ピアノはどのくらい弾くんですか?」
真知宇:「えーっと、3才の時から習い始めて小学6年までやってました。それ以降は
・・十字屋という音楽専門店でヒットポップスなんか
を買って来て、自分で弾いてます(←ウソです、最近ご無沙汰)。」
左面接官「・・見たところ、あまり苦労をしたことが無いように見えるんだけど(真知宇
は内心『なんだとう!おっさん、貴様なんぞより多少の苦労はしてるわい』と思いつつも
平然を装う)・・・、自衛隊に入れば色々とキツイ訓練や大変なことがありますが耐えて
いけますか?」
真知宇:「はい」
左面接官:「いろいろと危険なことがあると思いますが、いざと言う時、国のために
死ぬ覚悟がありますか?」
真知宇:「あります」

最後の質問は、中央面接官から なされ、いざという時・有事の際の判断力・決断力を問う質問らしい。

他の受験生の時の面接の最後の質問は
他の中央面接官:「例えばね、非常に危険な任務が有るとして、・・・生命に関わる非常に危険な任務ですが、
あなたは幹部になった場合、部下に対して その任務をやれと、命令することが できますか?」
という質問であり、
他の受験生は「できれば その任務は、自分が率先して やろうと思います。
けれども、もし私が他の役割などで どうしてもその任務ができない場合、やむをえず部下に任務をやれと命令します。」
と答え、彼は合格した。

真知宇の場合の最後の質問は・・・
(ただし面接時の真知宇は「おや?再び中央面接官が しゃべりだしたぞ」という程度の認識で、
「これが最後の質問である」という認識は無い)

中央面接官:「えー、・・・例えばね、道を歩いてて、高校生ぐらいの子が・・・
まあ、何かその悪いのに・・からまれているとする(イマイチ設問がはっきり分からない)
・・・えーっと、その場合、君はどうする?」

あとあとよく考えると、この質問は単純に『助けます』『守ります』と言えばいいだけの
質問だった。ところが、ここで真知宇はまたしてもトンチンカンな答えをした。
頭の中で、変な知識が検索に引っかかったらしい。
真知宇:「・・・えー、刑法の36条・・・(面接官らは
『こいつ突然何を言い出す』と思っただろう)・・正当防衛の規定・・・
・・・(条文を思い出してる)・・えー、刑法の36条の条文が『急迫不正の侵害に対し
自己または他人の権利を防衛するためやむを得ずした行為は罰しない』と言うところ、
守れるのは『自己または他人の権利』でありますので、他人を守ることにも正当防衛の
規定は適用されるんですね、(面接官ら『はあ?』という顔で聞いている)・・・
えーっと、例えば、・・・その悪いのがからんでいるのが刑法208条暴行罪の
場合、(両手で殴るジェスチャーをしながら)今まさに殴ってる状態の場合、・・・
えーっとここで気を付けないといけないのは過剰防衛・・・・・、
防衛の域を越えない限度で 過剰防衛にならない程度に
防衛することは、認められる。あるいは、例えば恐喝罪、刑法249条の場合や
他の刑法に触れる行為でも、今まさに犯行が行われている状態の場合、・・現行犯は
私人でも逮捕できます。えー、・・ただしこの場合は遅滞なく警察に引き渡さねば
ならない。」
中央面接官(ぼーぜんとしながらも):「・・・・えー、守ろうと思う?」
真知宇はここでようやく質問の趣旨に気付き
真知宇:「あっ、はい。守ろうと思います。」

(質問に対する答え・結論は一致したようだが、そこに たどり着くまでの理論が長かった)

中央面接官は左右の両面接官を見ながら「何か?(他に?)」
両面接官:「いえ」
中央面接官:「これで終わります」
真知宇:「ありがとうございました」
と席を立って一礼し、ドアを閉める際「失礼します」とまた一礼する。


面接が終わってドアが音をしないよう丁寧に閉め
廊下側を向いて一息ついた瞬間、真知宇は『落ちた』と思った。
三人の面接官は全員一致で真知宇を落とすかも知れない。
時計を見ると部屋に入ってから2十数分も経っていた。人物考査が厳しいとはいえ
なんて長い面接だろう。そして、なんてくだらない的外れなことを
ベラベラ話してしまったんだろう。

廊下の端の受付のおじさんに「○○○真知宇です、面接終わりました」と告げると
「では、控え室に戻ってください」と言われて、外へ出る。6月のまぶしい日差し
の中を、面接の内容を反省しながらやや落ち込んだ様子でトボトボと
控え室のある棟へと戻る。
控え室ではおじさんが席を外してて、例の美人の婦人自衛官が「○○○君ですね」
と机で書類にチェックを入れながら、「では1時まで昼休みです」と言われた。
午後から身体測定。


控え室の棟を出ると、広報員さんがいた。
広報員:「お昼 食べに行く?」
真知宇:「いや、やめとこうと思います。」
広報員:「えっ!?そうなん?」
真知宇:「うーん、ちょっと食べる気がしない。」
広報員:「そうかー、・・・・・じゃ、護衛艦でも見に行こうか。」
(この昼食を抜くという行為には、午後の身体検査の尿検査で糖分を出したくないという
考えもあった。自販機でもジュースは飲まずに緑茶を飲むといった具合。
実際に再検査を受けた人は何人かいた。
午前中身体検査組なら気にせず食べていたかも))

 

波止場へ向かいながら、面接でのことをベラベラしゃべる。
真知宇:「面接官に『護衛艦に乗ったことがありますか?』と聞かれて『ありません』
と答えてしまった(嘆く)」
広報員:「うーん、神戸の海上自衛隊の祭りか体験航海で乗っとくべきやったねえ」
・・・・思えばこの会話が元で、あとで護衛艦に乗ることになったのかも知れない。

波止場には3隻ほど護衛艦が停泊していた。沖にも停泊しているのが見える。
風が強い。広報員さんは制帽を飛ばされない様に抑えていた。
広報員:「土日なら乗せてもらえるんやけど、今日は平日やからねえ。」
それでも真知宇は護衛艦を下から見上げて感動していた。
そのうちの一隻『きくづき』という駆逐艦規模の護衛艦(中型?)では
青の作業服を着た作業員?らがホースなどで給油(あとで分かったが
真水の補給)していて、船と波止場をつなぐ船橋?の前では
3人の白い制服を着た海上自衛官が雑談か何かをしていた。
広報員は「海上は、のん気だなあ」
などと言っていたが、そのあと何か思いついたように「乗せてもらえるよう
頼んでみよか」と言い、その3人の海自衛官の方へ歩いてゆく。
真知宇もついていく。3人の前へ進み出て広報員さんは敬礼し
「京都地連(地方連絡部・地本)の○○2等陸曹です、・・実はこちらに幹部候補生受験生の方が
来られてるんですが、艦内の方 案内できないでしょうか?」
3人のうちの一人が「少々お待ちを」と護衛艦の艦橋(ブリッジ)下近くの扉へと
走っていった(許可を取りにいったのか?)。1分ほどしてまた戻ってきて
敬礼しながら「お待たせしました、俺が案内します」と言った。
まずは護衛艦『きくづき』の艦上をぐるりと回る。
対艦ミサイル『ハープ-ン』、空中飛来後水中に飛び込み追尾する対潜水艦魚雷
『アスロック』、対艦魚雷発射管、レーダー、ロックオンして戦闘機を
打ち落とす『シースパロー』、対空ミサイル、
船首にある1分間に数十発ほど連射できる○○(←真知宇忘れ)インチ砲
、錨(いかり)、ヒモを引っ張るだけで瞬時に開く『救命ボート』、
などなど丁寧に説明してくれる。
真知宇が先ほどのホースを指差し「これは給油ですか?」と聞くと
海上自衛官は「いえ、これは真水を補給してるんです。」と言う。
真知宇:「ろ過装置が積んであるんじゃ?」
海上自衛官:「ああ、ありますよ。けど、一応」
艦内に入り、艦橋(ブリッジ、司令室)を見学、続いて食堂(何人かがテレビを
見たり、ゲームをして遊んでいた)、寝室、調理室、トイレなど。
最後に『きくづき』の説明書&パンフをもらって「ありがとうございました」
と下船した。波止場の売店で海自のグッズを見る。そうこうしているうち
1時が近づいてきたので、試験会場のある丘の上の幕僚統監部へ戻ることにした。

午後、身体試験。「視力・色盲」「聴力」「肺活量」「身長・体重」「血液検査」
「体のバランス(関節が全部動くか)」などをされる。
看護婦さんに血を抜かれたんだけど、下手なのか腕から血がなかなか止まらない。
腕を押さえて各医務室の前の椅子で順番を待ってると、
右隣の受験生の一人が真知宇に声をかけてきた。
真知宇の手にある書類を見ながら、「法学部の人?」
真知宇:「ああ、うん、・・・・そちらは?」
と向こうの書類を見ると、名古屋大学の農学部の大学院1回生だった。
住所は岐阜県。
真知宇:「岐阜の人も、2次試験はここ(舞鶴)になるん?」
その受験生:「うん、ここって言われた。」
真知宇:「農学部というとバイオテクノロジーとか何かですか?」
その受験生:「(かなりボーっとした優しそうな子)うーん、そっちの方に
進みたかったんだけど行けなかった。」
真知宇:「あ、そうなん」
その受験生:「法学部法律学科だと、弁護士とかにはならないんですか?」
真知宇:「えーっと、とてもそんな成績では・・・」
そのさらに左隣は同志社大生だった。

真知宇の悩みは視力だった。しかも、この自衛隊医務棟の視力測定器は
次々とコロコロと全方向へ表示を変えられる機械なので、
前の人が言ったのを記憶することは出来ない。
それでもなんとか裸眼視力0.2、矯正視力1.2でクリアできた。

歯を見てもらいながら
歯科医:「・・・1マル、2マル、3マル・・・(とか歯をチェックしながら)
キリスト教徒の方ですか?」
真知宇:「いえ。・・・またなんで?」
歯科医:「名前が変わってるから」
真知宇:「ああ」

15時30分に終了。控え室に戻って「身体測定、終わりました」
と告げると、控え室の試験監督官のおじさんは「えーっと、面接も身体測定もおわりましたね、
じゃあ、今日はこれで終わりです。お疲れ様でした。」
外へ出て広報員に「終わりました」と告げ、車に乗せてもらう。
家までまた1時間少しかけて帰る。
広報員さんは助手席の真知宇に原稿用紙とペンを渡しながら
「面接でどんなことを聞かれたか、あと小論文のテーマを書いてくれる?
来年以降また受ける子のために募集所のデータにするから」
真知宇は上記のような事を30分ほどで書き上げ、その後
行きしと同じくまたくだらない雑談。

真知宇は雑談の中で「多分、落ちたやろ」というような発言を繰り返した。
真知宇:「2次試験はどのくらい受かるんですか?」
広報員さん:「海上は厳しいから10人のうち3、4人かなあ」
真知宇:「うーん、じゃあ、落ちたなあ」

・・・・



真知宇:「僕が試験受けていた間、△△(広報員)さんはヒマだったでしょ?」
広報員さん:「…うん、ヒマやった」
真知宇:「何してはったんですか?」
広報員さん:「うーん」
真知宇:「喫茶とかですか?」
広報員:「まあ、そんな所かな」

などなど。夕方17時には家に着く。
「ありがとうございました」と別れる。
・・・ああ、疲れた。(このメールを打つのも疲れた)





<余談その1>
大学の某教授に「海上自衛隊幹部試験受かったあ♪」と言ったら
教授は「真知宇くん、そんな所へ行くのはやめなさい」と言い
共産党機関紙『赤旗』の講読を勧められた♪
教授:「君も赤旗を読んでですねえ・・・・」
真知宇:「はあ・・・♪」



<余談その2>
2年前に幹部候補試験(陸上)受かったあと、
岩倉祭(同志社高校の学園祭)に行った時、辻文人 先生に「末は幕僚長かなあ♪」と言ったら
辻文人 先生に「もう、そうなったら私この国、出ます。危なくて」
と言われた♪


真知宇 先生の無料相談ページ★無料メール相談★無料電話相談
https://machiu.is-mine.net/consulting.htm
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ウェブサイト(連絡先 携帯番号・メールアドレス有り)
https://matiu.web.fc2.com/
真知宇 先生 ライン(Line)友達申請&連絡しよう!
https://linevoom.line.me/user/_dUN8LIek8BlRZsK5_uNjAedlEiVAoMysI6Ka7Uo
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ツイッター(フォロワーになろう!連絡先 携帯番号&メアド有!いいね しよう!リツイートしよう!)
https://twitter.com/machiumasuda
増田真知宇 先生を応援するツイッター
増田真知宇 先生 公式フェイスブック(フォローしよう!)
https://www.facebook.com/machiu.masuda
増田真知宇 先生 公式インスタグラム(フォロワーになろう!「いいね」しよう!)
https://www.instagram.com/machiumasuda/
増田真知宇 先生を応援するインスタグラム
https://www.instagram.com/masudamatiu/
同志社高校写真部部長 増田真知宇 様の写真館
http://matiumasuda.web.fc2.com/index.html
増田真知宇政策研究会 寄付募集中
https://kifubosyu.exblog.jp/28560912/
増田真知宇 先生への記事閲覧・写真など報酬振込先
https://journalistmachiu.exblog.jp/32787713/
フリーカメラマン 元 同志社高等学校写真部部長 増田真知宇 先生の報酬振込先
https://procameraman.exblog.jp/32824776/
増田真知宇政策研究会 寄附募集中(1口5万円~年間30口まで)
増田真知宇 政策研究会ボランティア募集中
https://machiu.is-mine.net/volunteer2013.html
社長・経営者・人事部に朗報 増田真知宇 先生 転職先募集中
https://tenshoku2023.exblog.jp/32056350/
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15512547.jpg
祖父は議員を7期28年つとめて天皇陛下から旭日章を叙勲された名門の家柄
両親ともに京都大学法学部へ進学し、交際し、結婚。


自由民主党推薦(自民党推薦)の増田真知宇(ますだまちう)先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16271947.jpg
自民党推薦(自由民主党推薦)の真知宇 先生。
自由民主党推薦證(自民党推薦證)選挙 候補者 増田真知宇 右推薦する 自由民主党京都府支部連合会 西田昌司


自由民主党ウェブサイトで増田真知宇 (ますだまちう)先生の自民党推薦を発表!
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16280869.jpg
自由民主党 京都府連ウェブサイトで増田真知宇 (ますだまちう)先生の自民党推薦を発表!
自由民主党(自民党)京都府連ホームページより
https://www.kyoto-jimin.jp/
http://archive.is/d8FzR


参議院議員 西田昌司 先生も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16291320.jpg
参議院議員 西田昌司 先生も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援


参議院議員 西田昌司 先生と握手する増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16300377.jpg
参議院議員 西田昌司 先生と握手する増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生


警察トップ 国家公安委員長 二ノ湯さとし(二之湯智) 参議院議員(参議院京都選挙区・元京都市議・元京都市議会議長)も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16305063.jpg
警察トップ 国家公安委員長 二ノ湯さとし(二之湯智・にのゆさとし・二の湯さとし) 参議院議員(参議院京都選挙区・元京都市議・元京都市議会議長・元 自由民主党京都府連会長)も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援


警察トップ 国家公安委員長 二ノ湯さとし(二之湯智) 参議院議員と握手する 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16312607.jpg
警察トップ 国家公安委員長 二ノ湯さとし(二之湯智・にのゆさとし・二の湯さとし) 参議院議員(参議院京都選挙区・元京都市議・元京都市議会議長・元 自由民主党京都府連会長)と握手する 増田真知宇( ますだまちう ) 先生


衆議院議長 伊吹文明 先生(志帥会(伊吹派)会長・財務大臣・文部科学大臣・京都一区(京都市北区・上京区・中京区・下京区・南区)衆議院議員)も 増田真知宇 ( ますだまちう ・ 真知宇 ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16321077.jpg
衆議院議長 伊吹文明 先生(志帥会(伊吹派)会長・財務大臣・文部科学大臣・京都1区(京都市北区・上京区・中京区・下京区・南区)衆議院議員)も 増田真知宇 ( ますだまちう ・ 真知宇 ) 先生を応援


京都府知事も 増田真知宇 ( ますだまちう ・ 真知宇 ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16324751.jpg
山田啓二 京都府知事も増田真知宇 ( ますだまちう ・ 真知宇 ) 先生を応援


京都府知事も 増田真知宇 ( ますだまちう ・ 真知宇 ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16324751.jpg
山田啓二 京都府知事も 増田真知宇 ( ますだまちう ・ 真知宇 ) 先生を応援



自由民主党総裁 谷垣禎一 先生も増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16344089.jpg
自民党総裁 谷垣禎一 先生も増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援


京都4区(京都市右京区・西京区・亀岡市・南丹市・船井郡 京丹波町)衆議院議員 田中英之 先生も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16352403.jpg
京都四区衆議院議員 田中ひでゆき 先生も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援


京都4区(京都市右京区・西京区・亀岡市・南丹市・船井郡 京丹波町)衆議院議員 田中英之 先生と握手する増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16362768.jpg
京都四区衆議院議員 田中ひでゆき 先生と握手する増田真知宇 ( ますだまちう) 先生


京都6区(宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・木津川市・久世郡 久御山町・綴喜郡 井手町 宇治田原町・相楽郡 笠木町 和束町 精華町 南山城村)衆議院議員 安藤裕(安藤ひろし) 先生も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16402881.jpg
京都六区(宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・木津川市・久世郡 久御山町・綴喜郡 井手町 宇治田原町・相楽郡 笠木町 和束町 精華町 南山城村)衆議院議員 安藤ひろし (安藤裕) 先生も 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生を応援


参議院議員 佐藤正久(佐藤まさひさ)京都府 福知山連隊長 福知山駐屯地司令 防衛政務官 外務副大臣 も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16413302.jpg
参議院議員 佐藤正久(佐藤まさひさ)京都府 福知山連隊長 福知山駐屯地司令 防衛政務官 外務副大臣 も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援


参議院議員 佐藤正久(佐藤まさひさ)京都府 福知山連隊長 福知山駐屯地司令 防衛政務官 外務副大臣 も 増田真知宇(ますだまちう)先生の愛国者同士の写真
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16423470.jpg
参議院議員 佐藤正久(佐藤まさひさ)京都府 福知山連隊長 福知山駐屯地司令 防衛政務官 外務副大臣 も 増田真知宇(ますだまちう)先生の愛国者同士の写真


自由民主党推薦(自民党推薦) 増田真知宇 (ますだまちう)先生の選挙ポスター「住んでよし 訪れてよし 長岡京市を」推薦 小田豊 長岡京市長 京都府知事 山田啓二 京都府議会議員 能勢昌博(のせまさひろ) 前京都府議会議員 坪内正一
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16431104.jpg
自由民主党推薦(自民党推薦) 増田真知宇 (ますだまちう)先生の選挙ポスター「住んでよし 訪れてよし 長岡京市を」推薦 小田豊 長岡京市長 京都府知事 山田啓二 京都府議会議員 能勢昌博(のせまさひろ) 前京都府議会議員 坪内正一


自由民主党推薦(自民党推薦) 増田真知宇 (ますだまちう)先生の選挙ポスター「住んでよし 訪れてよし 長岡京市を」推薦 小田豊 長岡京市長 京都府知事 山田啓二 京都府議会議員 能勢昌博(のせまさひろ) 前京都府議会議員 坪内正一
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16435350.jpg
自由民主党推薦(自民党推薦) 増田真知宇 (ますだまちう)先生の選挙ポスター「住んでよし 訪れてよし 長岡京市を」推薦 小田豊 長岡京市長 京都府知事 山田啓二 京都府議会議員 能勢昌博(のせまさひろ) 前京都府議会議員 坪内正一 。日の丸ポスター


維新公認 の 増田真知宇(ますだまちう)先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16443520.jpg
維新公認 の 増田真知宇(ますだまちう)先生


橋下徹 も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16452694.jpg
橋下徹 も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援


維新公認の 増田真知宇 (ますだまちう)先生 橋下徹 とのポスター
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16460389.jpg
維新公認の 増田真知宇 (ますだまちう)先生 橋下徹 とのポスター


吉村洋文 先生と握手する 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16463986.jpg
吉村洋文 先生と握手する 増田真知宇 ( ますだまちう ) 先生


維新公認 の 増田真知宇(ますだまちう)先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16472020.jpg
維新公認 の 増田真知宇(ますだまちう)先生

小田豊 長岡京市長も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16480360.jpg
長岡京市長も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援


向日市の 安田守 先生も 増田真知宇 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16483782.jpg
向日市の 安田守 先生も 増田真知宇 先生を応援


全国的に有名な宮崎謙介 先生も 増田真知宇(ますだまちう) 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16491880.jpg
全国的に有名な宮崎謙介 先生も 増田真知宇(ますだまちう) 先生を応援


宮崎謙介 先生と増田真知宇 先生(サントリー長岡京ビール工場にて)
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16500050.jpg
宮崎謙介 先生と増田真知宇 先生(サントリー長岡京ビール工場にて)


京都府議会議員(長岡京市 乙訓郡大山崎町) 能勢昌博 (のせまさひろ)先生も 増田真知宇 先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16503677.jpg
京都府議会議員(長岡京市 乙訓郡大山崎町) 能勢昌博 (のせまさひろ)先生も 増田真知宇 先生を応援

衆議院議員 清水こういちろう後援会(清水鴻一郎後援会)の水色の旗を持つ 増田真知宇 (ますだまちう)先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16510543.jpg
衆議院議員 清水こういちろう後援会(清水鴻一郎後援会)の水色の旗を持つ 増田真知宇 (ますだまちう)先生


衆議院議員 清水こういちろう (清水鴻一郎)先生と 増田真知宇 先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16515085.jpg
衆議院議員 清水こういちろう (清水鴻一郎)先生と 増田真知宇 先生

衆議院議員 清水鴻一郎(清水こういちろう)先生も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16522867.jpg
衆議院議員 清水鴻一郎(清水こういちろう)先生も 増田真知宇(ますだまちう)先生を応援

みんなの党代表 渡辺喜美(渡辺よしみ)参議院議員も 増田真知宇 (ますだまちう)先生を応援
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16531393.jpg
みんなの党代表 渡辺喜美(渡辺よしみ)参議院議員も 増田真知宇 (ますだまちう)先生を応援



真知宇 先生を勝手に応援する会のメンバーが事務所等で撮影させていただいたり、真知宇 先生ホームページから写真を勝手に借用させていただきました




増田真知宇政策研究会 入会のしおり(リーフレット)
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16541872.jpg
増田真知宇政策研究会 入会のしおり(リーフレット)


増田真知宇政策研究会 入会のしおり(リーフレット)
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16553924.jpg
増田真知宇政策研究会 入会のしおり(リーフレット)


増田真知宇政策研究会 通信(会報ビラ)創刊号(第1号)3万7千部以上印刷して市内全戸配布
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16562900.jpg
増田真知宇政策研究会 通信(会報ビラ)創刊号(第1号)の表。3万7千部以上印刷して市内全戸配布

増田真知宇政策研究会 通信(会報ビラ)創刊号(第1号)の裏。3万7千部以上印刷して市内全戸配布
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16571821.jpg
増田真知宇政策研究会 通信(会報ビラ)創刊号(第1号)の裏。3万7千部以上印刷して市内全戸配布

政治団体 長岡京市内全戸配布ビラ 第2号
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16581017.jpg
政治団体 長岡京市内全戸配布ビラ 第2号

政治団体 長岡京市内全戸配布ビラ 第2号
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16590159.jpg
政治団体 長岡京市内全戸配布ビラ 第2号


政治団体 長岡京市内全戸配布ビラ 第2号
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_16593868.jpg
政治団体 長岡京市内全戸配布ビラ 第2号


成基学園 模試偏差値94(模試偏差値90以上)の 増田真知宇 ( ますだまちう 真知宇 )先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_17042202.jpg
成基学園 模試偏差値94(模試偏差値90以上)の 増田真知宇 ( ますだまちう 真知宇 )先生


増田真知宇(ますだまちう 真知宇)先生の同志社学生証
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_17051859.jpg
増田真知宇(ますだまちう 真知宇)先生の同志社学生証

同志社卒 の増田真知宇 (ますだまちう)先生の卒業証書
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_17060313.jpeg
同志社卒の 増田真知宇(ますだまちう)先生の卒業証書


当時60倍率を突破して海上自衛隊幹部候補生合格の増田真知宇( ますだまちう 真知宇 )先生
海上自衛隊幹部候補生学校 の案内・ 増田真知宇 先生の 海上自衛隊幹部候補生試験合格体験記および 真知宇 先生の 江田島 案内より_b0429733_15502586.jpg
当時60倍率を突破して海上自衛隊幹部候補生合格の増田真知宇( ますだまちう 真知宇 )先生。
大学生当時はネットアイドルであらせられたため、名字が切り取られた採用通知書が公開されていました。







jieitaikanbu
Keibi
outlook.com
淀鯛


海上自衛隊幹部候補生学校 案内・増田真知宇 先生の 江田島 ページより転載
http://matiumasuda.web.fc2.com/etajima.html
海上自衛隊幹部候補生学校 案内・増田真知宇 先生の 江田島 ページより転載
https://geolog.mydns.jp/1st.geocities.jp/jieitaikanbu/
増田真知宇 (ますだまちう)先生 公式ウェブサイト(連絡先 携帯番号・メールアドレス有り)
https://matiu.web.fc2.com/
真知宇 先生 ライン(Line)友達申請&連絡しよう!
https://linevoom.line.me/user/_dUN8LIek8BlRZsK5_uNjAedlEiVAoMysI6Ka7Uo
増田真知宇 (ますだまちう)先生 公式ツイッター(フォロワーになろう!連絡先 携帯番号&メアド有!いいね しよう!リツイートしよう!)
https://twitter.com/machiumasuda
増田真知宇 先生 公式フェイスブック(フォローしよう!)
https://www.facebook.com/machiu.masuda
増田真知宇 先生 公式インスタグラム(フォロワーになろう!「いいね」しよう!)
https://www.instagram.com/machiumasuda/
元 同志社高校写真部部長 増田真知宇 様の写真館
http://matiumasuda.web.fc2.com/index.html

増田真知宇 政策研究会ボランティア募集中
増田真知宇 政策研究会 寄付募集中
https://machiu.is-mine.net/contribution.html


増田真知宇翼賛会 親衛隊長が、自衛官を目指す学生・海上自衛隊幹部候補生試験受験生らに情報を与える目的で 2020年5月27日 作成






by jieitaikanbu | 2020-05-27 14:05 | 江田島